信頼や信用が大事

現在は働き方が多様性を持つようになり、企業に属する会社員だけではなく、独立して個人事業主やフリーランスとして活躍している者も多いのだ。中でもIT技術職はそういった傾向が高くなり、理由としては仕事面において個人のスキルや知識が重要視されるところにあるだろう。内容にもよるが、プログラマーやwebデザイナー、フリーエンジニアなどが多く、企業側からの求めの要請も多いのである。

しかしながらフリーランスも数が多くなると、企業側が人材を望むようになり、対応することが必要になるのだ。作業に関するスキルや知識はもちろん、同じくらい大切なのが信用や信頼といった目に見えない部分で、これらは一朝一夕で身につくものではなく長い時間をかけて実績を築くことで得られるだろう。大切なのは請け負った仕事をしっかりと仕上げていくこと、質の良さと納品日を守る、さらに事務作業や会計知識も必要である。

経理方面が正しくないと企業側も任せられず、独立して活躍するには仕事面だけではなくそういった部分も重要になるのだ。信用や信頼は一瞬にして手に入れられるものではなく、時間をかける必要があり、まずは実績を築いていくことが大切になるだろう。小さな仕事から少しずつこなしていく、丁寧に納期内に仕上げれば認められるようになるだろう。フリーエンジニアが増えている中で、企業に求められる人材となるためには、目には見えない信用や信頼が重要になるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です